こちらのページの最終更新日は2019年01月15日に更新いたしました。

【2019年最新】ファクタリングの仕組みを専門家が徹底解説!!

【2019年最新】ファクタリングの仕組みを専門家が徹底解説!!

 

「金融機関に融資を断られてしまった・・・」
「これ以上の借金は避けたい・・・」
「今すぐにでもお金を用意したい・・・」

 

会社の経営者にとって資金調達はかなり切実な問題。
利益率の低下やコストの増加、資金がショートする問題は少なくありません。

 

そんなときに、取引先からの入金が遅れでもしたら大変です。

 

しかし、この不況からか金融機関の審査も厳しく、「資金繰りがショートしそう・・・」なんてときにお金が借りれないことは決して珍しくありません。

 

どこもお金を貸してくれない・・・どうすれば・・・

そんな資金難のときに広く使われているのがファクタリングです。

 

ファクタリングとは、売掛金を現金化してキャッシュフローを改善するサービスのこと。

 

このファクタリングですが、誰でもとても簡単に資金調達ができることから資金難に陥ってしまった経営者にとても人気の高い方法なんです!

 

【2019年最新】ファクタリングの仕組みを専門家が徹底解説!!

 

ファクタリングを使えば資金難も簡単に乗り越えられます!

 

というわけで、はじめまして!
自称ファクタリングプロの神埼智也です。

ここでは、資金調達に役立つファクタリングを初心者向けに基礎から説明します。

 

ファクタリングは会社を経営者にとって絶対に知っておきたい重要なテクニックなので、知らなかった方はぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

当サイトでは、ファクタリングの基礎のほかに初心者におすすめのファクタリング会社も一緒にご紹介しています。「今すぐに優良会社を知りたい!」なんて方は先にこちらを確認してみてください!

 

ファクタリングの仕組み/意味とは?

ファクタリングの仕組み/意味とは?

 

まずはファクタリングの基礎である仕組み/意味について説明しますね。

 

冒頭でも言ったように、ファクタリングとは売掛金を現金化するサービスのこと。

 

ファクタリング (factoring) とは、他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスを指す。

 

参考:ファクタリング - Wikipedia

 

売掛債権買取(譲渡)とも呼ばれており、期日前の売掛金をファクタリング会社に売却することで、その場でお金が用意できるのです。

 

もう資金ショートしそうなのに、売掛金の入金にはまだ時間がある・・・。

そんなときもファクタリングを使えば即日でお金の用意ができますよ!

このファクタリングを使っている業種をまとめてみると・・・。

 

建設・建築業

サービス業

卸売・小売業

情報通信業

製造業

運輸業

飲食・宿泊業

医療・福祉業

金融・保険業

 

本当に多くの業種の方がファクタリングを使っていますよね!

 

対応の早い会社であれば申込みをした次の日に入金してもらえることもありますので、「今すぐにお金がほしい!」なんて状況で役立つサービスなのは間違いないでしょう。

 

とくに即日で現金が必要になりがちな建設業や運送業には需要の高いサービスです。

 

 

ファクタリングの詳しい方法についてはこちら

ファクタリングの2つの種類とおすすめの使い方とは?

 

①.ファクタリングと融資の違いって?

ファクタリングと融資の違いって?

 

「ファクタリングって融資のことでしょ?」と思われる方も少なくありません。

 

たしかに、ファクタリングも融資も現金が用意できるといった面ではどちらも変わりません。

 

しかし、ファクタリングと融資にはある決定的な違いがあります。

 

それは、ファクタリングは借金ではないことです。

 

ファクタリングは売掛金の現金化なので、お金を借りているワケではありません。

 

そのため、ファクタリング会社に返済する必要もありませんし、厳しい審査もないのです!

 

厳しい審査がないので借入総額や税金の滞納などの状況に左右されずに使えるのがファクタリングの大きなポイントですね。

 

②.本当にファクタリングしても大丈夫なの?

本当にファクタリングしても大丈夫なの?

 

ファクタリングは売掛金の現金化サービスのことだと、先ほどお話しましたが「なにかトラブルになったりしない?」なんて不安に思われる方もいることでしょう。

 

「違法なサービスじゃないの?」や「会社の信用は大丈夫なの?」なんて疑問。売掛金の現金化なんて響きが怪しいですし、不安ですよね・・・。

 

しかし、ファクタリングでトラブルには絶対になりません。

 

あとでも説明しますが、ファクタリングは方法によっては取引先に知られることなく売掛金の現金化ができるため、取引先とトラブルになることはありません。

 

また、違法性に関してもファクタリングは『三井住友銀行グループ』『三菱UFJグループ』といった大手の銀行も参入してますし、法律上で禁止されてもいません。

 

ですので、「ファクタリングのせいでトラブルになった!」なんて事態には、まずならないと思いますよ!

 

その点に関しては安心してくださいね。

 

 

 

さて、ここまでの内容でファクタリングの仕組みや意味はざっくりと分かったと思います。

 

次は「ファクタリングしてみようかな?」と思った方のためにファクタリングの種類とおすすめの使い方についても説明しますね。

 

ファクタリングの2つの種類とおすすめの使い方とは?

ファクタリングの2つの種類とおすすめの使い方とは?

 

ファクタリングとひとことで言っても、実はファクタリングは2つのタイプがあります。

 

どちらの方法にもメリットがとデメリットがありますので、タイプ別に確認しておきましょう。

 

  1. 2社間ファクタリング
  2. 3社間ファクタリング

 

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と自社の間でおこなう取引のことです。

 

取引先には売掛金の現金化の通知が不要なため、取引先に知られることなく内緒でファクタリングが利用できます。

 

また、ファクタリング会社のみとの取引になりますので、売掛金の現金化までのスピードが速いのも特徴のひとつです。

 

●メリット

  • 売却までのスピードが早い。(即日現金化も可)
  • 取引先に内緒で売却できる。

 

●デメリット

  • 手数料が上がってしまう(10%~30%)
  • 三菱や三井などの大手では受け付けていない

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と自社と取引先の3社で契約する方法です。

 

この場合、取引先にはファクタリングが知られてしまいますが、その分手数料が安く設定されているため2社間よりお得にファクタリングができます。

 

●メリット

  • 手数料が安い。(1%~5%)

 

●デメリット

  • 取引先に知られてしまう。
  • 3社で契約するため入金までのスピードが遅い。

 

 

 

このようにファクタリングには2種類の方法があります。

 

実際にファクタリングをするときは自分の状況に合わせて、よりお得に現金化できる方法を選ぶのがおすすめです!

 

簡単に状況別にお得な方法をまとめておいたので参考にしてくださいね。

 

  • 少しでも早く現金を用意したい
  • 取引先には知られたくない
2社間ファクタリングがおすすめ!

 

  • 少しでも安い手数料で取引したい
  • 取引先の承諾を得ている
3社間ファクタリングがおすすめ!

 

ファクタリングのメリット/利点

ファクタリングのメリット/利点

 

ファクタリングは方法別にさまざまなメリットのある方法です。

 

しかし、ファクタリングの魅力はこれだけではなく、その他にも多くのメリットがあります。

 

次は、そのファクタリングのメリットの中から人気の高いポイントを3つ選びました!

 

  1. キャッシュフローが改善できる
  2. 売掛金の焦げ付きの心配がない
  3. 会社の信用情報にキズがつかない

①.キャッシュフローが改善できる

キャッシュフローが改善できる

 

会社を運営するに当たって、とても大切なのがキャッシュフロー。

 

キャッシュフローとは、収入から支出を差し引いたときに残る現金の流れのことです。

 

たとえ、会社がどんなに利益を上げていても手元に現金がなくなってしまえば従業員の給料は支払えませんし、税金などの支払いもできなくなってしまいます。

 

そうなれば行く先は倒産。黒字倒産なんて言葉があるように利益を出てても倒産してしまうこともあるんです。おそろしい・・・・。

 

そんなときもファクタリングを使えば、その場で現金が用意できるのでキャッシュフローの改善が簡単にできます。

 

②.売掛金の焦げ付きの心配がない

売掛金の焦げ付きの心配がない

 

売掛先が倒産してしまった場合、売掛金は『焦げ付き』となってしまうため回収はできません。

 

もし、あなたが資金繰りに苦しいときに売掛先が倒産してしまえばそのまま連鎖倒産!・・・なんてことになり兼ねませんよね。

 

しかし、ファクタリングしておけば売掛先が倒産しても売掛金はすでに資金化済みなので回収不可能にはなりません。

 

また、ファクタリング会社からの入金を返還する必要もありませんよ!

 

返還する必要がないなら「売掛金が回収不可能になる前に現金化しておく」なんて使い方もできますね。

 

ただし、入金の返還に関しては『償還請求権の有無』によって変更される場合があります。ファクタリング会社に請求のされないよう償還請求権の設定を無しにして契約をしましょう!

 

③.会社の信用情報にキズがつかない

会社の信用情報にキズがつかない

 

会社の信用情報にキズが残らないというのもファクタリングのメリットです。

 

信用情報とは、借入額や返済状況、保証人の有無など企業の資金繰りが掲載されている金融機関のデータベースのこと。

 

よくブラックリストと呼ばれる状況は、この信用情報が悪化しすぎて社会的な信用がなくなってしまった状態ですね。

 

企業の資金繰りを円滑に進めるのが信用情報ですので、「お金を用意するにしても信用情報は悪化させたくない!」なんて方がほとんどだと思います。

 

しかし、何度も言うようにファクタリングは売掛金の現金化であって融資ではありません。

 

そのため、金融機関のデーターベースに掲載がされず、信用情報が悪化しないのです。

 

ファクタリングのデメリット/注意点

ファクタリングのデメリット/注意点

 

資金調達をしたい方にとってファクタリングはとても魅力的に思える方法かもしれません。

 

でも、ちょっと待って!!

 

実はファクタリングにはメリットだけでなくデメリットもあるんです。

 

デメリットを知らずにファクタリングをしてしまえば、会社にとんでもない被害が出てしまうかもしれません・・・!

 

会社経営で一番大切なのは会社を存続させることです。安易にファクタリングせずに、次はデメリットについても確認しておきましょう!

 

  1. 手数料がかかる
  2. 2社間ファクタリングは大手では受付け拒否
  3. 地方だと契約成立が遅れることも

①.最大30%の手数料がかかる

最大30%の手数料がかかる

 

売掛金の現金化はファクタリング会社を通しておこなうため、ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

 

その手数料の金額は3社間で1%~5%。2社間で10%~30%です。

 

つまり、最大で30%の手数料がかかるってことですね。

 

ファクタリングは最終的には絶対に損をしてしまうサービスなことを忘れてはいけません。

 

ファクタリングはキャッシュフローの改善や売掛金回収不可のリスク回避には役立ちますが、使いすぎれば経営を悪化させる可能性もあるので注意しましょう!

②.2社間ファクタリングは大手では受付け拒否

2社間ファクタリングは大手では受付け拒否

わたしはファクタリングは三井住友や三菱UFJなど大手の銀行も参入しているとお話しました。

 

このことから「どうせファクタリングをするなら大手銀行で現金化したい」と思われる方も少なくはないと思います。

 

しかし、ここで注意して頂きたいのが、大手銀行グループでは2社間ファクタリングを受け付けていないということです。

 

大手銀行では2社間ファクタリングは提供されておらず、売掛先の通知・同意が必要な3社間ファクタリングしかできません。

 

2社間ファクタリングが希望な方は大手銀行ではなく、別のファクタリング会社を探しましょう。

 

ちなみに、当記事では最後に2社間ファクタリングにおすすめの優良会社をランキング公開しています。2社間ファクタリングが希望の方はそちらを参考にしてみてください!

③.地方だと契約成立が遅れることも

地方だと契約成立が遅れることも

 

あとで詳しくお話しますが、ファクタリングには最後に契約するファクタリング会社と面談する必要があり、自社が地方営業だった場合は担当者が現地に向かうことになります。

 

当然、面談しなければ契約はできませんので、担当者の到着を待たなければなりません。

 

そのため、地方の会社は都心部の会社に比べて契約成立が遅れてしまうのです。

 

担当員もすぐに向かってくれるので遅れるといっても1日程度ですが、即日現金化は難しいので地方で会社を経営している方は注意してくださいね。

 

 

 

これだけデメリットがあると、「なんか思ってたよりリスクが大きいな」なんて思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、安心してください!
実はファクタリングのデメリットは好条件の会社を選ぶことで軽減できるんです!

 

とくに手数料は5%~10%まで抑えることができますので、「ファクタリングを活用しよう」と思われている方は好条件の優良会社を選ぶようにしましょう!

 

ということで、次は『後悔しないファクタリング会社の選び方』を説明しますね。

 

後悔しないファクタリング会社の選び方

後悔しないファクタリング会社の選び方

 

ファクタリングで優良会社を選ぶためには、3つのポイントを抑えることが大切です。

 

それぞれのポイントについて詳しく説明をしますので、こちらを参考にして優良会社を探してみてくださいね!

 

  1. 手数料が安い会社を選ぼう!
  2. 運営元がハッキリしてる信頼できる会社を選ぶ!
  3. キャンペーンを開催している会社

①.手数料が安い会社を選ぼう!

手数料が安い会社を選ぼう!

 

ファクタリングは、『売掛金 - 手数料 = 入金額』といった形で入金額が決まります。

 

ですので、当然ですが手数料の安い会社を使ったほうがおトクです。

 

また、人気の高い会社ほど手数料が安い傾向があるので、優良会社を探すときは少しでも手数料の安い会社を探すのが良いでしょう。

 

優良会社の手数料の平均は10%~15%ほどなので、それくらいを目安に選んでくださいね。

 

②.運営元がハッキリしてる信頼できる会社を選ぶ!

運営元がハッキリしてる信頼できる会社を選ぶ!

 

ファクタリングのような大きなお金を扱うサービスでは、お金を騙し取ろうと詐欺を働く悪質会社も少なくありません。

 

ですので、騙されないためにも、ファクタリングをするときは運営元がハッキリしてる信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

 

ファクタリング会社に申込みをする前に会社概要をチェックして、掲載されている住所をGoogleMAPで検索しましょう。

 

実際に事務所で営業している会社なら、詐欺会社の可能性はほぼありません!

 

サイトの見た目だけでなく、ちゃんと運営元の信頼度も考えて会社を選びましょう。

 

③.キャンペーンを開催している会社

キャンペーンを開催している会社

 

ファクタリング会社ではキャンペーンが開催されていることがあり、開催している会社を使ってファクタリングをすれば普段よりお得に現金化ができます。

 

また、キャンペーンを開催している会社は新規顧客の獲得に力を入れているため、新規でも好条件で現金化できることが多いです。

 

ファクタリング会社はキャンペーンを開催している会社を選ぶのが良いでしょう。

 

ファクタリング会社によってキャンペーンの内容もさまざまなので色んな業者を比較してみてくださいね。

 

ファクタリングの方法(売掛金現金化までの手順)

ファクタリングの方法(売掛金現金化までの手順)

 

ファクタリング会社の選び方がわかりましたら、いよいよ売掛金の現金化です!

 

次は、実際にファクタリングをするときの手順について説明します。

 

こちらの方法は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらでも使える手順なので、ぜひ憶えてくださいね。

 

  1. 必要書類を準備しよう!
  2. ファクタリング会社に申込みをしよう!
  3. 本審査を受けよう
  4. 契約書に署名・捺印して現金受け取り

①.必要書類を準備しよう!

必要書類を準備しよう!

 

まずはファクタリングに必要な書類から準備しておきましょう!

 

事前に必要書類を用意しておくことで、取引をスムーズに進めることができます。
結果、入金までの時間も縮めることができますね。

 

  1. 商業登記簿謄本
  2. 印鑑証明書
  3. 決算書、または確定申告書
  4. 売掛先の契約書(請求書)
  5. 売掛先との発注書
  6. 売掛先との納品書
  7. 売掛先の過去の入金が確認できる通帳

 

ファクタリングの必要書類はこちらの7種類です。

 

スムーズにファクタリングを進めるには事前の必要書類の準備がとても大切です。

 

ファクタリング会社に申し込みをする前に、こちらの7つを用意してくださいね。

 

②.ファクタリング会社に申込みをしよう!

ファクタリング会社に申込みをしよう!

 

必要書類を用意しましたら次にファクタリング会社に申込みをしましょう。

 

WEBから申込みができるファクタリング会社が数多くありますので、先ほどご紹介した会社選びのポイントから使う会社を選びます。

 

また、ファクタリング会社は24時間申し込みを受けつけているところも多いので、少しでも早くお金を用意したい方は営業時間にも注意して会社を選ぶようにしてくださいね!

 

③.本審査を受けよう

本審査を受けよう

 

次にファクタリング会社の本審査が受けます。

 

『審査』と聞くと、なんだか難しそうなイメージを受けるかもしれませんが、ファクタリング会社の審査は「売掛金があるのか?」といった事実確認が主です。

 

ですので、審査が厳しいワケではありません。

 

  1. 売掛先との取引履歴
  2. 債権譲渡登記の有無
  3. 売掛先との取引・関係説明の可否

 

こちらの3点を中心にファクタリング会社の担当員と直接面談しますので、面談前に自社の状況確認をしておきましょう。

 

④.契約書に署名・捺印して現金受け取り

契約書に署名・捺印して現金受け取り

 

最後にファクタリング会社との契約書に署名・捺印をして売掛金の現金化は完了です。

 

すぐに入金がおこなわれますので、入金額を確認しましょう!

 

また、以前までは土日祝での入金確認には月曜日まで待たなければなりませんでしたが、現在はモアタイムシステムにより、大手銀行なら365日いつでも入金確認できます。

 

モアタイムシステムをざっくり説明すると、24時間365日いつでも即時振込できる新システムのことです。

 

  1. 三菱UFJ銀行
  2. 三井住友銀行
  3. りそな銀行
  4. 埼玉りそな銀行
  5. その他各都市の地方銀行

参考:モアタイムシステム参加金融機関一覧

 

上記の銀行口座なら即時振込できますので、「月曜日の朝じゃ間に合わない!」なんて方も安心してくださいね。

 

まとめ

 

今回はファクタリングの基礎知識についてまとめさせて頂きました!

 

ファクタリングと聞くと難しいイメージを受けるかもしれませんが、実際には売掛金を現金化するだけなので、手元に売掛金さえあれば誰でも簡単に利用できます。

 

メリット・デメリットのある方法ではありますが、資金調達の手段として優秀なので、「売掛金を現金化したい!」と思われている方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

また、ファクタリングでわからないことがありましたら、こちらの『お問い合わせフォーム』にお気軽にご相談ください!真摯に対応させて頂きます!

今回の記事が少しでもあなたのためになったのなら幸いです。

 

初心者向け優良ファクタリング会社ランキング

 

「ファクタリング会社ってどこが良いの?」という疑問に答えるべく、優良なファクタリング会社をランキングでまとめました!

また、こちらのランキングは以下の条件を満たした会社のみ紹介しています。

 

  1. 手数料が安い。(5%~10%)
  2. 即日現金化にも対応している。※
  3. カスタマーサポートが充実している。
  4. 2社間ファクタリングも対応している。
  5. 少額から高額まで幅広く利用できる(30万円~5,000万円まで)

※1営業日~3営業日の時間がかかるケースもあります。

 

以上の判断基準から誰でも簡単かつ安心して使える、信頼できるファクタリング会社のみをランキングで公開しています。

 

厳しい条件で選んでいますので紹介会社は少なくはありますが、その分自信を持っておすすめできる優良店のみを取り扱っています!

 

ファクタリングをしてみたいと思われた方はぜひ参考にしてみてくださいね。

メンターキャピタル

メンターキャピタル

メンターキャピタルのポイント
買取手数料業界最低水準!
赤字・債務超過・個人事業主OK!
最短30分で即日現金化が可能!
買取実績業界NO.1!

    顧客満足度
    92%
    即日スピード
    最短30分
    営業時間
    9:30~19:00
    サポート充実度
    口コミでの評判
    総合評価
    評価5
ファクタリングジャパン

ファクタリングジャパン

ファクタリングジャパンのおすすめポイント!
即日スピードに自信あり!
問い合わせメール24時間受付中!
買取限度額50万円~3億円まで対応!
買取診断無料!

    顧客満足度
    90%
    即日スピード
    最短30分
    営業時間
    9:30~19:00
    サポート充実度
    口コミでの評判
    総合評価
    評価4.5
アクセルファクター

アクセルファクター

アクセルファクターのおすすめポイント!
最低手数料5%!
驚異の審査通過率93%!
最短即日入金!
300万円以下の取引専門店

    顧客満足度
    89%
    即日スピード
    最短即日
    営業時間
    9:30~18:00
    サポート充実度
    口コミでの評判
    総合評価
    評価4
トップへ戻る