こちらのページの最終更新日は2018年10月12日に更新いたしました。

一万円でも現金化は利用できるの?

現金化で一万円を手に入れる方法まとめ

 

はじめまして。

 

元現金化業界人の神埼智也です。

 

突然ですが、みなさんは現金化をどのように利用しようとしていますか?
クレジットカード現金化はとても便利なサービスで、ショッピング枠があれば100万円以上の融資も可能となります。

 

しかし、現実的に考えたときに100万円を現金化しようと思う人はあまりいませんよね。

 

多くの人は、
「生活費が足りなくて・・・」
「ちょっと遊びに使うお金がほしくて」
といった理由で現金化を利用しようと考えているのではないでしょうか?

 

利用者の多くが必要としているのは何百万ではなく、一万円などの少額なのです。

 

しかし、そうなれば
「一万円でも現金化って利用できるの?」
と不安になる方もいるでしょう。

 

少額の現金化でも煙たがれられないのか不安になる気持ちはよくわかります。
一万円だけだと現金化サービスって利用しづらいですよね・・・。

 

そこで、今回は実際に現金化を利用金額一万円で利用してみました!

 

利用した現金化業者の名前から実際の契約内容、一万円を現金化するときの注意点までカンタンにお話しますので、一万円の現金化をしたい方はぜひ最後までご覧ください!

 

現金化は一万円からでも利用できる!

現金化は一万円からでも利用できる

 

では、さっそく結論からお話しますね。
実際に営業をしている現金化業者10社に問い合わせてみたところ、すべての現金化業者で一万円の現金化は可能でした!

 

現金化業者の中には1,000円からでも利用できるという業者もおり、現金化のサービスは少額でも問題なく利用できるようですね。

 

これなら
「少しだけお金がほしい!」
というときに気軽に現金化を使うことができるでしょう。

 

少額の利用であれば、返済もとてもラクにすることができますので、賢い現金化の活用方法だと言えますね。

 

とはいえ、一万円を現金化したときに何も問題がなかったワケではありません。

 

実は現金化をすることはできても換金率がとても低くなってしまう現金化業者がとてもたくさん存在していたのです。

 

現金化を一万円から利用したいのなら絶対に注意しなくてはなりませんよ!

 

ということで次は現金化で一万円をGETするときのデメリットをお話します。

 

一万円の現金化のデメリット3つ

一万円の現金化のデメリット3つ

 

では、その一万円現金化のデメリットとは一体どのようなものなのでしょうか?

 

それは、こちらの3つがあげられます。

 

 

  • 1.『一万円の現金化は換金率が低い』
  • 2.『手数料を差し引く業者もいた』
  • 3.『一万円では取引できない現金化業者もいる』

 

 

どれも利用者の手に入るお金に直結するデメリットです。

 

それでは、それぞれを詳しくお話いたしましょう。

 

一万円の現金化は換金率が低い

一万円の現金化だと換金率が低い

 

わたしが一万円の現金化をした結果、どこの現金化業者の換金率も低いものでした。

 

実際に利用したときの業者名と換金率、入金時間を書いておきましたのでご覧ください。

 

※『換金率』=実際に取引をした換金率 『入金時間』=実際にかかった入金時間

  換金率 入金時間 ショップ
81% 30分

エキスパート

79% 25分

未来ギフト

78% 15分

24キャッシュ

4 74% 20分

ひまわりギフト

5 73% 55分 新生堂
6 71% 60分

トレンドクレカ

7 65% 75分 ファミリークレジット
8 63% 95分 おひさまクレジット
9 63% 80分 換金堂
10 60% 100分 チェリークレジット

 

このように、一番高い換金率でも81%。
悪質な現金化業者だと換金率は60%となりました。

 

現金化の換金率は利用金額によって異なりますので、一万円の現金化をするときは換金率75%前後が相場なのでしょう。
一万円の現金化をすることはできますが、どこの現金化業者を使っても換金率は最高80%前後となりますので、高い換金率で取引ができるとは言えません。

 

手数料を後引きする現金化業者がいる

手数料の後引きをする現金化業者

 

上記の換金率で取引をしましたが、実は電話口ではもっと高い換金率を提示していた現金化業者もいました。

 

「一万円の現金化ですと、換金率86%で取引をしますよ~」

 

なんて調子の良いことを言っていましたが、実際に取引をしてみると後から手数料がかかるとの話をされ、換金率を大幅に引き下げられてしまったのです。

 

その項目は『消費税』『手続き手数料』『審査手数料』といった存在しない現金化の手数料でした。

 

k高い換金率を電話で話されたとしても、その換金率は真実だとは限りません。
手数料の内訳は現金化業者が勝手に作ることができてしまう項目なので、確認しておかないと法外な手数料を取られることになってしまいますよ!

 

現金化取引の前に手数料の内訳をしっかりと業者に尋ねておきましょう。

 

一万円では取引できない現金化業者もいる

一万円の現金化に対応していない現金化業者

 

今回、わたしが調査した10社はすべて一万円の現金化ができる業者でした。

 

しかし、現金化業者の中には3万円~などの一万円からでは利用することのできない現金化業者もいます。
そのため、一万円だけの利用の場合、どの業者を利用するかと言う選択肢が狭まってしまうのです。

 

選択肢が少なくなれば、その分優良業者を見つけられる可能性も下がります。
現金化業者の比較も難しくなってしまいますので、自分で現金化業者を見つけて一万円の現金化をするのは厳しい方法となっているのです。

 

 

 

このように一万円の現金化には多くのデメリットがあります。

 

元々の利用金額が少ないため、満足のいく換金率で取引をすることができず、より多く損をしてしまうのです。
そのため、一万円の現金化をするときには少しでも換金率を上げなくてはなりません。

 

では、換金率を上げるためにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

カンタンな話です。
少額の現金化でも換金率の高い優良業者を利用すればいいのです!

 

一万円以下の現金化は優良店を利用することが大事

一万円以下の現金化は優良店利用することが大事

 

一万円以下の現金化をするときに一番大切なのは換金率です。
たとえ、どんなに入金が早く接客態度の良い現金化業者だったとしても換金率50%だったら利用したくないですよね。

 

ちょっとだけ現金化を利用したいのに、そのせいで多くのショッピング枠を使ってしまうことになったら意味がありません。

 

そのため、一万円の現金化をするときは優良業者を見つけることが最大の課題なんです。
優良業者を利用すれば、換金率も上がりますのでその分損のない取引をすることができます。

 

また、一店舗でも優良業者を見つけ出せればずっと高い換金率で取引ができるようになります。

 

このことを考えて、現金化で一万円がほしいのであれば現金化業者を比較して少しでも換金率の高い現金化御す矢を見つけ出してくださいね。

 

最後に、実際にわたしが使った現金化業者の中で換金率が高かった現金業者を3選をご紹介しますので一万円以下の現金化をしたい方はぜひコチラを参考にして業者を決めてくださいね。

 

クレジットカード現金化業者25社を一覧で比較する

トップへ戻る