こちらのページの最終更新日は2019年06月22日に更新いたしました。

クレジットカード現金化が疑われたときの対処法を徹底解説!

クレジットカード現金化が疑われたときの対処法を徹底解説!

 

  • 「カード会社に疑われたらどうしよう・・・。」
  • 「現金化をなんとか誤魔化せないかな?」
  • 「カードの利用停止は絶対に避けたい!」

 

はじめまして。
元現金化業界人の神崎智也です。

 

突然ですが、あなたは現金化がカード会社に疑われたらどうしますか?

 

クレジットカード現金化の利用停止を防ぐためにすべきこと8選』でもお話しているように、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で禁止された行為です。

 

そのため、カード会社に「この人は現金化目的では?」と疑われることも考えられます。
急にカード会社から電話がきたら怖いですよね・・・。

 

そこで、ここではクレジットカード現金化が疑われたときの対処法について説明します。

 

カード会社に疑われてしまってもバッチリと対処法さえ学んでおけばカードが利用停止にはなりません!トラブルを避けるためにも確認しておきましょう!

 

カード会社に現金化を疑われたらどうする?対処法まとめ!

カード会社に現金化を疑われたらどうする?対処法まとめ!

 

それでは、さっそく対処法について説明しますね。

 

カード会社に現金化が疑われたときの対処法は大きく分けて3つあります。

 

それぞれの方法を詳しく説明しますので、カード会社に疑われる前に確認しておきましょう!

 

  • まずは電話の用件を聞いておこう!
  • 購入した商品の詳細を知っておく!
  • カード現金化目的でないことを伝えよう!

①.まずは電話の用件を聞いておこう!

「カード会社から電話がきた!」と聞くと「現金化が疑われたのでは!?」と思われるかもしれませんが、カード会社が電話を掛けてくる理由は現金化を疑ったときだけではありません。

 

カードの不正利用の確認のために電話を掛けてくることもあるのです。

 

ここでいう不正利用とは、他人にカードを勝手に使われていたりスキミングなどの被害に遭ってたりということですね。

 

「○月○日に○○でお買い物をされてますが、こちらはお客様が買われましたか?」

 

このように聞かれても「自分の意思で購入しました」と答えれば済む話です。

 

慌てるとボロがでてしまう可能性も考えられますので、カード会社から連絡がきたときはまず用件から確認しましょう!

 

②.購入した商品の詳細を知っておく!

カード会社に現金化が疑われた場合、購入した商品の詳細を聞かれることがあります。

 

このときに買った商品について知らないとカード会社に不審に思われてしまいます。

 

ですので、クレジットカード現金化で購入した商品の詳細を覚えておくのが重要です!

 

クレジットカード現金化をする前に業者に「どんな商品を買うのか?」と聞けば教えてくれますので確認しておくのが良いでしょう。

 

また、同時に店名についても聞かれることもありますのでカード決済で表記される店名についても聞いておくのが良いと思いますよ!

 

関連記事

クレジットカード現金化で送られてくる商品ってどんな物?

 

③.カード現金化目的でないことを伝えよう!

対処法はいくつかありますが、これが一番重要です。

 

そもそもショッピング枠の現金化目的だったかどうかは実際にはカード会社にはわかりません。
買った商品をどうしたかなんてカード会社には判別できませんよね。

 

あくまで「使い方が怪しい」と思っているだけで、確証を得ているワケではないのです。

 

ですので、まずは現金化目的ではなかったことを伝えましょう。

 

「現金化目的ではありませんか?」と尋ねられても「そんなことはない」とキッパリ言えば、それ以上追求されることはありません!

 

カード会社に疑われたとしても動揺せずに冷静に対応するのが大切です。
絶対に「カード現金化目的でした」なんて認めたりしないように注意しましょう!

 

そもそも現金化目的だと疑われないことが大切!

そもそも現金化目的だと疑われないことが大切!

 

クレジットカード現金化が疑われたときはしっかりと対処するのが大切です。

 

しかし、そもそもカード会社に疑われなければ対処する必要はありませんし、疑われないに越したことはないですよね。

 

ということで、次は現金化目的だと疑われない方法についてお話します。

 

これからクレジットカード現金化をする方はこちらの3つのポイントを守ってカード会社に疑われないように取引をしましょう!

 

  • キャッシング枠は残しておこう!
  • 換金性の高い商品の購入はNG!
  • 安全な換金業者を使おう!

①.キャッシング枠は残しておこう!

カード会社に疑われる人の特徴なのがキャッシング枠を使い切っていることです。

 

キャッシング枠を使い切っていると、カード会社に「この人はお金に困ってるのかな?」と思われる原因になりますし、そんなときに高額の決済をすれば現金化だと疑われてしまいます。

 

カード会社に疑われないためにも、キャッシング枠は使い切らないようにしましょう。

 

すでにキャッシング枠を使い切っている方は少しでも返済すれば問題ありません。クレジットカード現金化をする前にキャッシング枠に余裕を持たせておきましょう!

 

②.換金性の高い商品の購入はNG!

自分でクレジットカード現金化をする方がよく購入するのが換金性の高い商品ですが、現金化目的での購入が多いためカード会社の監視も厳しくなっています。

 

もし、換金性の高い商品を大量の購入してしまえば現金化目的だと判断されて一発でカードが利用停止になる可能性があります。

 

カード会社に疑われないためにも、換金性の高い商品の購入は絶対にNGです。

 

換金性の高い商品に関してはこちらで説明していますので、購入しないように注意しましょう。

 

関連記事

換金性の高い商品を一覧でまとめてみた | クレジットカード現金化

 

③.安全な換金業者を使おう!

クレジットカード現金化は自分でする方法より業者を使った方法のほうが安全です。

 

しかし、どの業者でも良いワケではありません。

 

クレジットカード現金化では業者ごとにカード決済端末を所持しており、それで利用者のクレジットカードを決済するのですが、そのカード決済端末の種類によって安全度が異なるのです。

 

安全性の高い業者であれば現金化がバレにくいように海外の決済端末を経由させたりといった工夫がされています。

 

カード会社に現金化をバレないためにも、業者を選ぶときは安全性の高いと口コミで評判になっている業者を優先的に使いましょう!

 

まとめ

 

今回はカード会社に現金化が疑われたときの対処法についてまとめさせて頂きました!

 

クレジットカード現金化は利用規約に違反した行為なため、使っているとカード会社に疑われてしまうこともあります。

 

そんなときも冷静に対処をすれば何も問題ありません!

 

また、対処法を知っておく他にも、そもそもカード会社に疑われないようにするのが大切なので、これからクレジットカード現金化をする方は安全性の高い業者を使うようにしましょう。

 

安全性の高い業者に関しては、こちらでランキングを無料公開中です。

 

高換金率で即日換金も可能なので、業者をお探しの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

トップへ戻る