こちらのページの最終更新日は2019年06月22日に更新いたしました。

クレジットカード現金化は複数のカードでできるか徹底解説

クレジットカード現金化は複数のカードでできるか徹底解説

 

はじめまして。
元現金化業界人の神崎智也です。

 

前回の『カード現金化の仕組みを学ぶ』でも説明しているように、クレジットカード現金化はカードさえあれば即日中にお金が用意できる便利なサービスです。

 

とはいえ、ある程度まとまった金額を用意したいときはひとつのクレジットカードだけだとショッピング枠が足りないこともあります。

 

そんなとき「複数のカードで現金化できたら」なんて思いますよね。

 

そこで、クレジットカード現金化は複数のカードでもできるのか説明したいと思います。

 

ここでは、複数のカードでクレジットカード現金化をする方法や注意点についても説明しますので、複数のカードを同時に使いたい方はぜひ参考にしてみてください!

 

 

クレジットカード現金化は複数のカードでもできるの?

クレジットカード現金化は複数のカードでもできるの?

 

結論から言うと、クレジットカード現金化は複数カードでも利用可能です。

 

複数のカードでの取引だったとしても、業者側としては手続きをカードの枚数分だけ繰り返すだけなのでクレジットカード現金化に枚数は関係ないのです!

 

極論、数十枚のカードでもクレジットカード現金化は可能です。

 

どの業者を使っても取引できますので、その点に関しては安心してくださいね。

 

複数のカードでクレジットカード現金化をする方法

複数のカードでクレジットカード現金化をする方法

 

元業界人が語るクレジット現金化の流れ・利用手順のすべて』で流れを説明しています。

 

しかし、複数のカードで取引をすると、取引の流れが多少異なる点があります。

 

スムーズに取引をするためにも、事前に複数カードでするクレジットカード現金化の方法についても詳しく確認しておくのが良いでしょう。

  1. 換金業者に申込み
  2. すべてのクレジットカードの画像を写真で送信
  3. 指定された商品を複数購入

①.換金業者に申込み

まずは換金業者に申込みをします。

 

申込み方法はメールフォームから問い合わせをすれば良いのですが、このときの備考欄に『複数カードでの取引が希望です』と記載をしておきましょう。

 

複数カードであることを伝えれば業者も事前に準備をしてくれます。
つまり、スムーズに取引ができるってことですね。

 

また、時間に余裕があるならそれぞれのカードのショッピング枠残高も記載しておくと、より取引を早くできますので記載しておきましょう。

 

③.複数のクレジットカードの画像を写真で送信

次に簡単な取引内容を説明のあとに複数のクレジットカードの表面と裏面の画像を写真で撮影して業者のメールアドレスに送信します。

 

これはクレジットカードが本人名義の物か確認する作業ですね。

 

カードの写真を見せると言われると不安に思われるかも知れませんが、しっかりとした業者を使えばカードが不正利用されることはありません。

 

すべてのカードの写真が必要になりますので、事前に用意をしておきましょう。

 

③.指定された商品を複数購入

最後に業者に使ったクレジットカードの枚数分の商品を購入するように指定されますので、指定された商品をすべて購入しましょう。

 

購入が終わりましたら、あとは業者からの入金を待つだけです。

 

多少、取引の手順が異なる部分はありますが、事前に知っていれば問題ないので実際に取引をするときはこちらをもう一度確認しながら取引を進めてみてください!

 

複数のカードでクレジットカード現金化をするときの注意点

複数のカードでクレジットカード現金化をするときの注意点

 

複数カードでもクレジットカード現金化は可能です。

 

とはいえ、いくつかの注意点はあります。

 

注意しないとトラブルになる可能性もありますので、複数カードでクレジットカード現金化をする前に3つの注意点に関しても確認しておきましょう。

  1. 信頼できる業者を使おう!
  2. 同時利用は返済の負担に厳しい
  3. 手数料が高くなる可能性がある

①.信頼できる業者を使おう!

複数のカードでクレジットカード現金化をする場合はどちらのカードも表面と裏面を写真で撮って送信しなければなりません。

 

これは、どの業者を使っても必要になる手順ですね。

 

しかし、『クレジットカード現金化の悪質業者の対処法 | 元業界人が徹底解説!』でも説明しているように、カード情報を抜き出して不正利用をしようと企む悪質業者もいます。

 

もし、そういった悪質業者を使ってしまえば複数のカードが被害を受けてしまいます。

 

当然、被害総額も大きくなってしまいますので、複数カードでクレジットカード現金化をするときは信頼できる業者を選ぶのが大切です。

 

口コミや比較サイトから高い評価を得ている業者を優先的に選ぶようにしてくださいね。

 

②.同時利用は返済の負担に厳しい

複数のカードを同時利用すれば、より高額のお金が用意できます。

 

しかし、高額のお金が用意できるということは、それだけ返済の負担が大きくなるということでもあります。

 

また、返済日が異なるため月間の支払い回数も増加することになります。

 

複数のカードを同時利用するのなら返済の計画をしっかり立てなければなりません。

 

③.手数料が高くなる可能性がある

クレジットカード現金化を業者を使ってする場合は手数料がかかります。

 

そして、複数のカードでクレジットカード現金化をすると手続きを何回もしなければならないため手数料が高くなる可能性があります。

 

そこまで高くなるワケではありませんが、多少の損にはなりますので注意が必要です。

 

また、業者によっては複数のカードでも手数料は変わらずに取引できる優良店もいます。

 

手数料の安い業者を使えば、その分お得に取引ができます!
また換金率も高ければ言うことなしなので、よりお得に取引ができる業者を探してみましょう!

まとめ

 

今回は複数のカードでするクレジットカード現金化をまとめさせて頂きました。

 

クレジットカード現金化はどの業者でも複数カードで取引可能です。
手続きを2回すればいいだけなので当然ですよね。

 

しかし、複数カードで取引をすると手数料の問題から換金率が下がることもあります。

 

また、返済の負担も増えてしまいますので複数カードでクレジットカード現金化をするときは少しでも換金率が高くて信頼できる業者を選ぶのが良いでしょう。

 

クレジットカード現金化の優良点はこちらのランキングで完全無料で公開しています。

 

こちらから選べば手数料も低くしてくれるので複数カードでクレジットカード現金化をするときはぜひこちらのランキングから業者を選んでみてくださいね!

 

トップへ戻る