こちらのページの最終更新日は2018年02月13日に更新いたしました。

クレジットカード決済手数料とは?その仕組みを徹底解説!

クレジットカード決済手数料とは?その仕組みを徹底解説!

 

あなたはクレジットカード決済をする時にカード決済手数料という料金が発生していることを知っていますか?

 

これは本来クレジットカードの利用者が支払うものではありません。

 

ですので、あまり必要のない情報だと思われることも多いのですが、昨今の店舗にはこのカード決済手数料を利用者に請求してくることもあり、まったくの無関係ではいられなくなってしまったのが現状です。

 

もし、あなたがカード決済手数料について知らなかったのなら、いつの間にか無駄な手数料を引かれているかもしれません。

 

この記事ではクレジットカード決済手数料の仕組みについて解説しますので、トラブルに巻き込まれる前にこちらで詳しく知っておきましょう。

 

カード決済手数料は加盟店がカード会社に支払う手数料

カード決済手数料は加盟店がカード会社に支払う手数料

 

クレジットカードのカード決済手数料はカードを利用する消費者の立場だけであればあまり耳にすることもなく、関係もないものです。

 

カードを決済する手数料ということで、買い物をしたお店(加盟店)がカード会社へ支払っているお金です。

①.クレジットカード決済と加盟店契約

 

クレジットカードはお店で提示するとカード決済端末に通し、サイン、暗証番号入力だけで支払いが完了します。

 

サインレスや暗証番号を入力しない場合にはカードを端末に通すだけです。

 

しかし、その簡単な動作の中でクレジットカードの情報は端末で読み込まれ、カード会社に届いています。

 

そして、そういった仕組みがあるからこそ、お店はカード決済を安心して利用できています。

 

そのシステムを利用して、クレジットカード決済を行うにはお店はカード会社と契約をして「加盟店」になることが必要です。

 

加盟店になったお店だけがそのクレジットカード会社のカードで決済をすることができます。

 

お店の入り口などで見かける

  • JCB
  • VISA
  • MASTER

などのクレジットカードのマークを提示している店は全てそういった加盟店です。

②.加盟店からカード会社へ支払う手数料

 

加盟店になるとカード決済をすることができますが、一回の決済ごとに加盟店はカード決済会社に手数料を支払います。

 

クレジットカードというシステムを利用するための手数料であり、カードでの支払い金額の一部をカード会社が取り、残りの金額がお店へ支払われるイメージです。

 

カード会社は何で儲けているのかな?と疑問に思う人もいますが、カード会社は加盟店から手数料を取って儲けているのです。

 

特に入会も年会費も無料のカードは手数料が重要な収入源となります。

③.カード保有者には関係のないシステム

 

基本的にはカード決済手数料は加盟店とカード決済会社との話であって、カードを持って買い物をする人たちには関係のないシステムです。

 

しかし、冒頭でもお話しましたが、クレジットカードが使える店舗の中にはこのカード決済手数料を料金の上乗せしてくる店舗もあり、上乗せされてしまえば当然料金は高くなってしまいます。

 

クレジットカードを使うときは知らない間にカード決済手数料が乗せられないように注意しなければなりません。

 

カード決済手数料を請求されたときの対処法

カード決済手数料を請求されたときの対処法

 

クレジットカード決済手数料は加盟店がカード決済会社に支払う手数料であって、わたし達消費者には全く関係のないものです。

 

しかし、繰り返しになりますが、このカード決済手数料を請求してくる店舗もあり、とくに水商売系統の店舗は10%以上も請求してくることもあります。

 

では、カード決済手数料を請求された場合、黙って支払わなければいけないのでしょうか?

 

実はカード決済手数料を利用者に請求するのはカード決済会社との規約違反ですので、カード会社に通報すればその店舗には厳しい指導が入ることになります。

 

①.カード会社の通報する

 

カード決済手数料は加盟店がカード会社に支払うべきもので、それを消費者に請求するのは加盟店の規約に違反した行為です。

 

ですので、カード会社に「カード決済手数料を請求された」と通報すれば店舗は何かしらのペナルティ、またはカード決済端末の利用停止まで考えられます。

 

また、カード決済手数料を取られたことが証明できればカード会社が負担してくれるケースもありますので、カード決済手数料を取られたことが納得のいかない場合はカード会社に通報するのが良いでしょう。

②.店舗と交渉する

 

先ほども言いましたように、カード決済手数料を利用者に請求するのは規約違反なのですが、店舗はそのことを消費者が知らないと高をくくって請求をしてきています。

 

ですので、まずは店舗に交渉してみるものひとつの手です。

 

「これって規約違反じゃないんですか?」と訪ねれば高確率で店舗もカード決済手数料を取るのを諦めます。

 

カード決済手数料は払いたくないけど、あまり大事にしたくないというときは、まずは店舗に交渉してみるのがオススメです。

 

クレジットカード決済手数料の仕組みのまとめ

クレジットカード決済手数料の仕組みのまとめ

 

カード決済手数料は現状ではカードホルダーなら知っておかなければならない知識のひとつと言っても過言ではないでしょう。

 

その仕組みを知っているだけで損を防ぐこともできますので、クレジットカードをお持ちの方はカード決済手数料について覚えておいてくださいね。

 


その他のクレジットカードに関するコラム一覧はこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

クレジットカードのリボ払いの危険性とは?高い金利に注意を
クレジットカードの支払い方法でリボ払いを選択する危険性について解説します。クレジットカードの返済をするときはリボ払いを選択してしまうと、高い金利に苦しむことになってしまいますので、支払い方法には注意しなければなりません。
クレジットカードの作り方が知りたい!申込から受取りまでの手順を紹介
クレジットカードの作り方についてまとめました。申し込みからカードの受取までの手順を詳しく解説していますので、これからクレジットカードを作る方はぜひ参考にしてみてください。
クレジットカードの3つの詐欺被害と対処法まとめ | 実態を徹底解明
クレジットカードで良くある3つの詐欺被害と対処法についてまとめました。クレジットカードでおこる詐欺の実態についても解説していますので、クレジットカードの詐欺はこちらの方法で防ぎましょう。
クレジットカードの利用限度額の上げ方と審査の条件・注意点まとめ
クレジットカードの利用限度額の上げ方と申し込み時の注意点についてまとめました。ショッピング枠・キャッシング枠の利用限度額を上げたい方はこちらから上げ方と審査の条件について詳しく知っておきましょう。
クレジットヒストリーとは?クレジットカード審査で重要?
クレジットカードを使う上で欠かせないクレジットヒストリーについて解説をします。審査にも関わる重要な情報ですので、クレジットカードをお持ちなら必ず確認しておきましょう。