こちらのページの最終更新日は2018年08月06日に更新いたしました。

クレジットカード現金化の換金率を確実に100%にする方法

返品を使った現金化

カードでお金を借りるときに換金率が100%になることはありません。
自分による現金化は、どうしても差額が生まれてしまいます。
安心・人気・評価の高いクレジットカード現金化優良業者を使った場合でも手数料は支払わなくてはなりません。

 

そのため、どの方法を使ったとしても換金率は80%~85%となってしまい、利用者が損をするのは避けられないのです。

 

どちらの方法を使っても業者を通しているため、そちらに利益を取られてしまうのは当然のことですよね。

 

しかし、実はあまり知られていない方法なのですが、換金率をカンタンで確実に100%に引き上げる裏ワザもあります。

 

「換金率100%で取引できないのかな?」

 

「ちょっとでも高い換金率で取引したい!」

 

そんなあなたは必見!
現金化の換金率をカンタン確実に100%にする方法をお教えいたします。

 

現金化は返品で換金率100%にできる

返品で現金化の換金率をあげている人のイメージ

では、クレジットカード現金化の換金率を100%にする方法とは何なのでしょうか?

 

誰でもできるカンタンな事です。
クレジットカードで購入した商品を返品でキャンセルすればいいのです。

 

クレジットカードで商品を購入した場合、どこの店舗でも現金として返ってきます。
これは、クレジットカードを使った場合、決済が終了してしまっているとショッピング枠に加算することができないためです。
クレジットカード決済を無くすことは出来ませんので、店舗は使ってしまったショッピング枠の代わりに同額の現金を渡すという対処をしているのです。

 

そのため、商品を返品すれば使った分だけの現金が手に入ります。
つまり、換金率100%でクレジットカードのショッピング枠を現金化することができるのです。

 

詐欺の危険もなく、確実に換金率100%で取引できるのはこの方法だけです。

 

しかし、ここで1つ悩むことがあります。
返品をすれば換金率100%にはなりますが、どの商品を返品すればいいのでしょうか?

 

どんな商品を返品するのが効率がいいのか

現金化の返品に使う商品のイメージ

クレジットカードで購入できる商品は数え切れないほどあります。

 

どの商品を購入しても返品できるものなら換金率は100%になりますが、どうせなら時間効率の良い現金化をしたいですよね?
しかし、そう思ったとしても、どの商品を返品すればいいのかすぐにわかる人はそう多くはありません。

 

「なにをクレジットカードで買って返品すればいいの?」

 

このような考えが頭をグルグル回っていると思います。

 

そこで、次は返品で現金化をするときに一番効率の良い返品の方法をお話しましょう。

 

百貨店の商品を返品する

現金化で返品できる百貨店のイメージ

 

ドン・キホーテや三越・伊勢丹、ヨドバシカメラといった百貨店を使うのも効率の良い返品方法です。

 

さまざまな店舗が並んでいるため、移動することが少なく、多くの商品を見比べることができます。
そのため、高額の商品を狙って現金化することができるのです。

  • ブランド品
  • ゲーム機
  • デジタル用品

などの金額の高い商品が狙い目です。

 

高額の商品を返品すれば、多くの金額が現金化できますので、何度も返品する手間が省けますね。
時間ロスも少ないので効率の良い現金化をすることができるでしょう。

 

※ただし、百貨店の店舗の中には商品によって返品できない場合もあります。
必ず、返品できる商品なのか確認してからクレジットカードで購入するようにしましょう。

 

電子マネーを返品する

電子マネーを利用した現金化のイメージ

  • edy
  • suica
  • waon

といった電子マネーを返品する方法も有効な現金化です。

 

この3つの電子マネーは全国的に普及しておりますので、持っているという方も多いのではないでしょうか?
edy、suica、waonなどのチャージ型の電子マネーはチャージしたお金を現金に戻すことが可能です。

 

現金に戻す方法は、コンビニでタバコなどの高額商品を購入して返品するだけ!

 

「間違った銘柄を買ってしまった」
と言えば、なにも問題なく現金化をすることができます。
学生時代にコンビニでバイトをしていた私が言うのですから間違いありません。

 

クレジットカード一体型の電子マネーならクレジットカードからチャージされますので、これで利用限度額まで換金率100%で現金化をすることができます。

 

また、今回は一例としてコンビニをあげましたが、ほかの電子マネーが使える店舗ならどこでも問題ありませんので、高額な商品を返品できる店舗を探しましょう。

 

返品現金化は多くの人に迷惑がかかる

返品現金化は多くの人に迷惑がかかることにショックな女性のイメージ

クレジットカード現金化は返品を使えば確実に換金率100%で取引をすることができます。
利用者にとっては手間のかからない、夢のような現金化と言っても良いでしょう。

 

しかし、この返品を利用した現金化は多くの人に迷惑をかける行為です。
クレジットカードを利用すると、カード会社に『クレジットカード決済手数料』という料金が発生します。

 

3%~5%ほどの金額なのですが、この手数料は店舗が負担してくれているのです。
そのため、こちらが商品を返品してしまうと、その手数料を払った分だけ利用した店舗は損失を受けることになります。

 

もちろん、購入した商品が不良品であったのなら、返品処理をするのが普通です。
しかし、何の理由も無く、ただ現金化目的で店舗に被害を与えるのは、果たして許される行為なのでしょうか?

 

確かに、クレジットカード所有者には商品をクレジットカードで購入する権利も、購入した商品を返品する権利もあります。
ですが、人として考えたときに「人の嫌がることはしたくない」と考えるのであれば、返品でのクレジットカード現金化は利用すべき方法ではありません。

 

少なくとも、店員に面倒な客だと思われてイヤな顔をされるくらいの覚悟はしておいたほうがいいでしょう。

 

他人に迷惑をかけずに現金化をしたいなら業者を使うのがオススメです。
換金率100%では取引できませんが、手間なく即日でお金を用意することができます。

 

優良店ならば換金率85%で取引ができますので、今すぐにお金が必要なら業者を利用すると良いでしょう。
こちらで現金化の優良店を紹介していますので、試してみてはいかがでしょうか?

 

クレジットカード現金化の優良店ランキング

トップへ戻る