こちらのページの最終更新日は2018年07月14日に更新いたしました。

クレジットカード現金化する前に準備しておくこと

クレジットカード現金化するための準備

初めてショッピング枠現金化される方の多くには「今すぐにお金が必要」ということで頭が一杯になり、まず最初にクレジットカード現金化のホームページから申し込みをする方は少なくありません。

 

これが特に問題となる行為ではありませんがよりスムーズな手続きですぐに現金化するためには申し込みをする前に準備しておくことがあります。

 

利用可能なショッピング枠の確認

クレジットカード現金化を利用するためにはまず、利用可能なショッピング枠を確認する必要があります。

 

よくある現金化での例ですが30万円分のショッピング枠が可能だと思っていたが実際には25万円分しか残っていないということも少なくありません。

 

この実際の可能枠よりも大きい金額を決済する行為はクレジットカード会社に対し不審な行動と捉えられる可能性があります。

 

なぜなら基本的にはクレジットカード名義の本人であれば可能枠を把握しているのは当然のことであり、それよりも大きい金額を決済を行うことは不正に利用されていると判断されるからです。

 

そのためクレジットカード現金化を利用する前には必ず利用可能枠を確認し限度額ギリギリよりも少し余裕を残し決済するのが安全とされています。

 

本人確認に必要な身分証明書

どこのクレジットカード現金化業者でも必須項目となっているのが身分証明書による本人確認の手続きです。
従って手元に身分証明書がなく本人を証明することができなければサービスを利用することはできません。

 

そのため身分証明する書類がない方が申し込みをしても時間のムダとなりますので必ず運転免許証や健康保険証を用意した上で申し込みするようにしましょう。

 

振込のための銀行口座

店頭買取によるカードでお金では手渡しにより現金を受け取ることになりますが、それ以外の方法では銀行口座への振込となるのが一般的です。

 

そのためクレジットカード現金化したお金を受け取るために銀行口座は必要になります。

 

原則的に普通銀行であれば信用金庫でも信用組合でも農協でも問題ありませんが、クレジットカード現金化の利便性を活かすことができるのは土日でも即日着金が可能なネットバンクの口座があると役に立ちます。

 

従ってこれから銀行口座を準備される方は都市銀行や地方銀行よりもネットバンクの口座がオススメです。

①公式ホームページより申し込み

ホームページから申し込み

クレジットカード現金化するために準備が整いましたら利用する現金化サイトを選定し、申し込みの手続きを行います。

 

この申し込みの方法は各業者によっていくつかの方法がありますが、もっともスムーズに手続きを進めることができるのが公式ホームページ内にある申し込みフォームを入力し送信する方法です。

 

基本的には申し込みフォーム以外の方法は直接電話することができますが、これは時間効率的にはあまりよくない方法となります。

 

どこの現金化サイトでも必ず電話番号は記載されていますが、全ての手続きを電話対応で行うことには時間が必要になってしまいます。

 

ある程度の情報を申し込みフォームに入力することにより電話で対応する時間を削減することができるため即日振込や迅速な対応を希望する場合には申込フォームをオススメします。

 

さらにいくつかの現金化サイトに申し込みをし比較検討するのも効果的な方法とされています。

 

一つのサイトだけしか申し込まなければその業者が良いのか悪いのかを判断することができません。

 

そのため複数のサイトに申し込みをすることにより換金率や接客態度の善し悪しを比較することができるため、利用者の気に入ったサイトでクレジットカード現金化することができます。

②本人確認手続き及び振込口座の確認

本人確認の手続き

申し込みフォームを送信しますと現金化業者の担当スタッフより連絡があり細かい内容の受付をすることになります。

 

  • クレジットカードの所持枚数
  • クレジットカードの利用可能枠
  • 現金化の使用用途

といった詳細な情報を確認し振込先の金融機関の情報を伝えることになります。

 

そして申込者がクレジットカードの名義人と同一人物かを確認するために

 

  • 自動車運転免許証などの写真付きの身分証明書
  • クレジットカードの画像
  • 利用者本人の画像

 

により間違いなくクレジットカードの名義となる本人による利用かを確認します。

 

これは他人のクレジットカードを不正に使用していないかを確認するものであり、どこの業者でも必要になる手続きです。

 

仮にこの本人確認の手続きに不備があった場合、現金化の利用ができないこともありますので担当スタッフの指示通りに手続きを行うようにしましょう。

③クレジットカード決済による商品購入及び買取

クレジットカード決済にて商品購入

本人確認の手続きが完了しましたらクレジットカード決済にて商品を購入することになります。

 

クレジットカードで買う商品は各現金化業者が行っている方法によって全く異なる物になります。

 

買い取り方式で購入する商品

カードでお金の看板で知られるショッピング枠現金化では主に金額相当の価値のある商品をクレジットカードにて購入することになります。

 

この金額相当の価値のある商品というのは購入した金額程度で売買することができるという意味でありどんな商品にもそれなりの価値があるのは当然のことです。

 

具体的な商品としてはみどりの窓口で取り扱っている新幹線の乗車券などが主に現金化されています。

 

キャッシュバック方式で購入する商品

一方、キャッシュバック特典として現金が還元されるクレジットカード現金化の場合では商品自体に金額相当の価値のないものが対象とされています。

 

このキャッシュバックによる現金化の仕組みはクレジットカード決済により商品を買い現金がキャッシュバックされるのが目的となっており、商品の売買取引はあくまでもキャッシュバックするための建前上の取引なのです。

 

そのため価値のある商品は使用されず、

  • CD-ROM
  • 画像素材
  • 音源

などの商品の明確な価値を判断することが困難となる実質的な利用価値のない商品を購入することになります。

④現金化された金額が指定した口座へ振込

銀行口座へ即日振込

最後に現金化されたお金が指定した銀行口座に振り込みされることになります。

 

基本的に即日での振込が可能となりますが、普通銀行の営業時間は平日の午後3時までとなっておりそれ以降の手続きは翌営業日扱いで振り込まれることになるのです。

 

しかし大半の現金化業者ではネットバンキングに対応しているため

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ゆうちょ銀行

等の口座であれば24時間対応可能な業者もあります。

 

>>クレジットカード現金化の得する安心業者一覧はコチラ!

 

トップへ戻る