こちらのページの最終更新日は2018年08月06日に更新いたしました。

クレジットカード現金化で必要な身分証について解説してみた

クレジットカード現金化で必要な身分証について

 

「身分証を業者に渡して大丈夫なの?」

 

「身分証の個人情報を悪用されたらどうしよう・・・」

 

あなたはこのような不安を抱えてはいませんか?

 

はじめまして。
元現金化業界人の神崎智也です。

 

クレジットカード現金化では、どの業者を利用しても身分証の提示を求められます。

  1. 身分証の表面
  2. 身分証の裏面
  3. 身分証と顔が映った写真

この3つを提示しなければクレジットカード現金化を利用することはできません。

 

しかし、この身分証を渡すことに不安だと強く思う利用者の方もいます。

 

「なぜ、クレジットカード現金化では身分証が必要なの?」

 

このような質問が多く投稿されましたので、今回はクレジットカード現金化で身分証が必要となる理由をお話します。

 

クレジットカード現金化で必要な身分証の種類とは?

クレジットカード現金化の身分証の種類について

 

本題に入る前に、まず必要な身分証の種類についてお話させてください。

 

ひとことに身分証が必要だと言っても、さまざまな疑問があることだと思います。

 

「顔写真が無ければいけないの?」

 

「市役所みたいに2つ必要だったりしない?」

 

初心者の方だと身分証の提示と言われてもよくわかりませんよね。
クレジットカード現金化で必要になる身分証とは、

  • 運転免許証
  • 年金手帳
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 学生証(満20歳以上)
  • 在留カード

のように公的に身分証と認めてあるものなら問題ありません。

 

また、複数必要といったこともありませんので、現金化を利用する前にこのどれかの身分証とクレジットカードを用意しておいてくださいね。

 

クレジットカード現金化で身分証が必要な2つの理由

クレジットカード現金化で身分証が必要な2つの理由

 

では、クレジットカード現金化でなぜ身分証が必要になるのかお話していきましょう。

 

クレジットカード現金化で身分証が必要になる理由は2つあります。

  1. 身分証の提示が法律で定められているため
  2. クレジットカードの不正利用を防止するため

この2つについて詳しく解説していきますね。

法律で定められている現金化の身分証提示について

法律で定められている現金化の身分証提示について

 

クレジットカード現金化は原則として商品の買取りをおこなうことでお金を利用者に渡します。
ここでポイントになるのが『利用者の商品を買取る』という点です。

 

商品を買い取るということは中古品売買となりますので、『古物営業法』が適用されます。

第十五条  古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとするときは、相手方の真偽を確認するため、次の各号のいずれかに掲げる措置をとらなければならない。

一  相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認すること。
二  相手方からその住所、氏名、職業及び年齢が記載された文書(その者の署名のあるものに限る。)の交付を受けること。
三  相手方からその住所、氏名、職業及び年齢の電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法をいう。以下同じ。)による記録であつて、これらの情報についてその者による電子署名(電子署名及び認証業務に関する法律 (平成十二年法律第百二号)第二条第一項 に規定する電子署名をいい、当該電子署名について同法第四条第一項 又は第十五条第一項 の認定を受けた者により同法第二条第二項 に規定する証明がされるものに限る。)が行われているものの提供を受けること。

引用:古物営業法

カンタンに要約すると、中古品を買い取るときには取引相手(利用者)の名前と住所、職業の確認と身分証の提示をしなければならないということです。

 

この法律に従って、現金化も身分証を提示しなければ利用できないということですね。

 

これはゲーム機やバックなどの中古品を売ったときに身分証が必要な理由と一緒です。

クレジットカードの不正利用防止のための身分証提示

クレジットカードの不正利用を防ぐための身分証提示について

 

クレジットカードの不正利用が問題となった事件は多くあります。

 

たとえば、この前は男性客を泥酔させてクレジットカードと暗証番号を聞き出してショッピング枠とキャッシング枠をすべて奪い取るなんて事件もありましたね。
『昏睡強盗』と言うのですが、今でも多くの事件数が発生しています。

 

クレジットカード現金化が身分証なしで利用できてしまうということになれば、そんな騙し取られたクレジットカードでもカンタンにお金を引き出せてしまいます。
つまり、クレジットカード現金化が強盗の手助けをしているということになってしまうのです。

 

そうなれば、警察もクレジットカード現金化を違法だと判断するかもしれませんし、サービスの存続が危うくなってしまいます。

 

こういった理由から現金化業者は利用者の身分証の提示を徹底しているのです。

 

クレジットカード現金化の身分証についてのまとめ

クレジットカード現金化の身分証についてのまとめ

 

クレジットカード現金化は2つの理由から身分証の提示が必要となっています。

 

「悪用されるのではないか」と不安になる人もいますが、現金化業者も法律を守るために身分証の提示を請求しているだけです。

 

以前までは個人情報が悪用されたとの被害もありましたが、今は警察によって摘発されましたのでそんな悪質な現金化業者は存在しません。

 

「それでも不安!」という方は口コミで評判の良い優良店を利用しましょう。
多くの利用者が満足のできたと口コミで語っている現金化業者ならば個人情報が流出することもありませんし、悪用されることもありません。

 

また、換金率・入金スピードも良い内容で現金化できますのでお得に取引することができます。

 

口コミで評判の高い優良店はこちらで紹介していますので、こちらを参考にしてみてくださいね。

 

クレジットカード現金化業者の優良店ランキング

トップへ戻る