こちらのページの最終更新日は2017年6月24日に更新いたしました。

神埼智也が現金化サイト運営者になった人生の成り立ち

はじめまして
「神埼智也」と申します。

 

このページでは、わたしが当サイトを運営し始めるまでに至った人生をお話しますね。

 

なぜ、現金化業者のコンサルアドバイザーを辞めてまで、
このサイトを運営することにしたのか。

 

現金化業者の裏から見た、
この業界はどんなものだったのか。

 

わたしの人生の成り立ちを、
すべて公開してしまおうと思います。

 

まず、わたしのカンタンな自己紹介をしますと。

 

年齢35歳の独身男性。
東京生まれの東京育ちの
いて座のA型です。

 

趣味はバイクでひとり旅。
独身貴族ならではの、自由気ままを味わう毎日です。
たまに株やFX、最近ではビットコインにも手を出しています。

 

現金化だけでなく、バイクのことや株のことでも興味のある方は、
ぜひお気軽に話しかけてくださいね。

 

現金化業者のコンサルアドバイザーになったキッカケ

 

2004年にわたしがコンサルアドバイザーとして就職したとき、
当時はまだ知名度も低いベンチャー企業だった
現金化業者がこぞってコンサルを頼みにきていました。

 

まだ新幹線の回数券が堂々と現金化の商品として扱われていた時代です。

 

わたしも現金化の担当をすることになり、
必死に現金化について学びまくりました。

 

本という本と買いあさり、勉強をし続けました。
実際に自分で現金化を経験してみたことだってありました。

 

今思えば、あのころはまだまともな現金化業者が多かったような気がします。

 

しかし、2006年12月に『総量規制』と呼ばれる法律が制定され、
状況は一変しました。

 

消費者金融だけでなく、
現金化業者にも多大な被害が及んだのです。

 

次々に倒産していく現金化業者。
当然、数が少なくなればコンサルの仕事も減るもの。

 

まさに、わたしの2年間の勉強の努力が水の泡になった瞬間でした。

 

とはいえ、現金化業者からの依頼がすべて無くなったワケではありません。

 

主力となる人たちは別の業務をやることになり、
新人の頃から現金化の業務に携わっていたわたしが全体的に担当することに。

 

はじめは、
「これまで通りにアドバイスをしていけばいいのか」
なんて思っていたのですが、

 

結果的に見るとこれが私の人生を大きく動かすキッカケとなった出来事だったのです。

 

残った業者は悪徳業者ばかり

 

数少ない現金化業者を担当することになったわたしですが、
残った現金化業者の実態を見てビックリしました。

 

なんと、現金化業者の中でも最悪と言われる
悪徳業者からの依頼しか残っていなかったのです。

 

入金すら無いなんて常識ハズレの業者はいませんでしたが、
手数料を後引きしたり、換金率をごまかすなんてことを平気でするような業者ばかりでした。

 

日ごろから
「悪いことはしないように」
をモットーにしていたわたしはひどくショックを受けました。

 

とはいえ、
「イヤだからしたくない」
なんて言い訳が通るような会社ではありません。

 

担当となったからには、しっかりと対応しなければならなかったのです。

 

わたしも少しでも優良な業者にしようと、
さまざまなアドバイスをしましたが、まったく聞き入れてもらえませんでした。

 

いま思えば、そもそもの考え方が違ったのかもしれませんね・・・。

 

わたしのとって利用者は、
「満足してもらうもの」
だったのですが、

 

悪徳業者にとっては、
「利益を運んでくるカモ」
としか思っていなかったのです。

 

当然、そんな状態ではコンサルティングとしての仕事も上手くはいきません。

 

クレームの多いわたしは会社内でも段々と立場を失い、
最終的には「給料泥棒」なんて陰口を叩かれるほどになりました。

 

給料も激減してしまい、
年収にして300万円にも満たないほどとなってしまったのです。

 

しかし、それでもわたしは仕事を辞めるわけにはいきませんでした。

 

総量規制から4年後の、2010年は
『リーマンショック』の影響を受けて『就職氷河期』の時代。

 

当時28歳のわたしが再就職をするのは、
とても難しい時代だったのです。

 

そのため、どんなにツラいことがあったとしても
会社をやめるワケにはいきませんでした。

 

結果、就職氷河期の終わる2014年までわたしは
現金化業者のコンサルアドバイザーと勤め続けたのです。

 

再就職のキッカケは友人

 

2014年になると就職氷河期も収まりをみせ、
回復の兆しを見せるようになりました。

 

このころになると、わたしも
「現金化業者とはこういうものなんだ」
と納得をしており、社内での評判や成績も上昇していました。

 

しかし、悪徳業者にアドバイスを続けている自分に
どこか心の中ではトゲが引っかかっているかのような感覚の毎日でした。

 

そんなある日、古くからの友人3人と久しぶりに会うことになり、
飲みにいくついでに相談をしてみることにしたのです。

 

そして、友人に言われたのが
「このまま一生後悔し続ける仕事でいいの?」
という言葉でした。

 

この言葉がはっきりと突き刺さりました。

 

当時の年齢が32歳。

 

ここがラストチャンスだと思い、わたしは転職を決意したのです。

 

IT企業に転職

 

32歳からの転職は、とても厳しいものでしたが
以前までのマーケティングのスキルが評価され、
わたしはIT企業に転職することができたのです。

 

無事、現金化業者のコンサルアドバイザーをやめることができ、
針のむしろのような毎日を終えることができました。

 

今となっては、自分のスキルをしっかりと発揮できる職場で働かせてもらっています。

 

しかし、そこで思ったことが
「俺だけ逃げてもいいのだろうか?」
という疑問です。

 

そもそも、わたしが悪徳業者にアドバイスをできなかった理由は、
「利用者に満足してもらいたかったから」です。

 

今は仕事は変わりましたが、
実際の内部事情をを知ってしまった以上、
まったく関係がないとは言い切れません。

 

ここでわたしが悪徳業者への注意をやめれば、
結局は「自分だけ良ければいい」といったことになってしまう。

 

そこで、わたしは利用者の方にわたしの知ったすべての情報を伝えようと、
現金化業者へのコンサルアドバイザーとしての経験を
すべて集約して優良業者を探し出してきたのです。

 

現金化業者のサイトを運営し始める

 

わたしがみなさんに伝えたいことはたったの1つ。

 

「悪徳業者に騙されないでほしい」

 

これだけです。

 

多くの悪徳業者を担当してきて覚えたことが、

 

『悪徳業者は利用者のことなんて1mmも考えていない』

 

ということです。

 

騙される利用者がいれば、「バカな奴(笑)」と笑っているような人しかいなかったのです。
むしろ、騙すことに失敗した現金化業者の社員が怒鳴られるような世界でした。

 

そんな業界なので、何も知らずに飛び込めば悪徳業者に騙されてしまうのは目に見えています。

 

「換金率が一番高い業者を利用したい方」
「1時間以内にお金を用意したい方」
「口コミ評判の高い安心のお店を利用したい方」
「現金化に不安を抱いている方」

 

それぞれ希望の現金化業者は違うと思いますが、
本当にあなたの選んだ現金化業者は優良業者なのでしょうか?

 

ここまで、わざわざお読み頂けたのも何かの縁です。

 

現金化で悪徳業者を利用するなんてことになりたくないのであれば、
当サイトに表記されている現金化業者にご相談ください。

 

実際にわたしがコンサルアドバイザーを担当したことのある業者もいますので、
絶対に損はさせません。

 

「他者を幸福にすることが、一番確かな幸福である」

 

『フレデリック・アミエル』というスイスの哲学者の言葉です。

 

この言葉に基づいて、本当の利用者目線で掲載してまいりますので、当サイトの現金化業者をご利用ください。

 

一覧から比較する

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

管理者情報
カードでお金を借りるクレジット現金化25社を徹底比較のサイト管理者情報です。お問合せはこちらにてお願い致します。